貰うもの、贈るもの、意外に難しいプレゼント

年齢×タイミング×相手…千差万別

≪優雅な空間で特別なひとときを…≫

貰って嬉しい、贈って楽しいプレゼント。しかし、1つ間違えると「なんだよコレ、使えない!」と思われてしまいます。本当に彼/彼女が欲しいものは何なのか。じっくりと考えてセレクトしなければ、相手を心から満足させることはできません。

<行き場を失うプレゼント、強張る関係性>

夏の誕生日のダウンジャケット、バレンタインデーの宅配ピザ…微妙なプレゼントは、「ありがた迷惑」です。きっと、両者の間の関係性もぎこちなくなってしまうでしょう。細心の注意を払って絶妙な贈り物を見繕わなければ、特に恋人たちには、明日はありません。
これまであなたが贈ったプレゼント、本当に喜ばれていましたか? 贈ってから間もなく関係が破綻してしまった、という方は、贈り物にも1つの原因があったと考えるべきです。
ここでは、「こんなプレゼントを貰って嬉しかった!」「残念だった…」というリアルな声も紹介しながら、プレゼントのパターンを紹介していきます。恋人の誕生日に、両親の結婚記念日に、男ばかりのクリスマスに(!?)何を贈ろうか…と思い悩んでいる人は、ぜひとも最後まで熟読していってください。答えはすべて、この中にあります!

≪年齢×タイミング×相手…千差万別≫

「女の子なんて、どうせカバンでも貰えば喜ぶんだろ」などと、甘いことを考えている男性はいませんか? 確かに、カバンを貰って「素敵!」と嬉しがってくれる女性も数多くいることでしょう。しかし、プレゼントに「必勝パターン」は絶対にありません。

年齢や時期によって、贈るべきものは変化します。たとえば、夏にマフラーや手袋を贈る人は、さすがにいませんよね。また、10代の女性にトパーズの指輪を贈っても、あまり喜んではもらえないでしょう。ただただ、お金の無駄使いとなってしまいます。

さらに、相手と自分の関係性によって、プレゼントのパターンはさらに細分化されてきます。大げさな例を出せば、恋人に向けてカーネーションを贈っても、微妙な反応が返ってくるだけでしょう。それは、母の日に、母親に向けてプレゼントするものです。
年齢やタイミング、相手によって、贈るべきプレゼントはまったく違ってきます。「どうせ○○をあげれば…」という安易な考えで乗り切れるほど、物事は甘くはありません。