本命のカレ以外からもらって困るプレゼント

好きな異性からもらうからこそうれしいプレゼントが、女性にはあります。逆を返せば好きでない人からもらったものは困るということです。ところが恋愛感情の有無に関係なく、すべての女性がもらってうれしいと勘違いしてしまう男性も…女友だちや片思いの相手に選ぶのならもらって迷惑ではないか、相手のキモチになって選びましょう。

下着

恋愛感情のない異性からプレゼントされる下着に、女性は下心を感じます。からだの関係を求めているのかと誤解を招く原因になりかねません。取り方次第ではわいせつになり、職場ではセクハラになってしまい、もらってうれしいはずがありません。また相手を傷つけたり、怒りを買いかねないので注意すべきです。

性的な贈り物は、本命のカレ以外は踏み込めない領域です。好きな人からもらうからこそ、うれしいものなのです。男性は比較的好みの女性であれば性的刺激を感じますが、女性はそのようなことはありません。この感覚の違いをしっかり心得てください。勘違いや誤解の原因になるので、カノジョ以外に下着を贈るのはやめましょう。

アクセサリー

友だちから指輪をプレゼントされても、女性はつけるのに抵抗を感じてしまいます。その理由は特別な人から贈られるものという、常識が出来上がっているからです。ネックレスも同じです。アクセサリーは好きな人からほしい贈り物なので、恋愛感情のない人から贈られても重いと感じてしまいます。

男性は片思い相手にいつもつけていてほしいという思いで贈るのでしょうが、女性は好きでもない人からのものを毎日つけられるはずがありません。アクセサリーはいつも身につけていられるので、特別な人からもらってうれしいプレゼントです。友だちからもらうには重いプレゼントになってしまうので、避けるべきでしょう。

高価なもの

あまり高価すぎても重い…女性はそう感じてしまいます。男性は無意味にプレゼントをしませんし、ましてや値段の張るものを好意を寄せる相手でなければ贈ることをしません。それを知っているので好きでもない男性から高いものをもらうと、重いと感じてしまいます。

男性は高価だからきっと喜ぶだろうなと思って贈るでしょう。ところが女性はその先のことを考えてしまいます。食事券や旅行券なら一緒に食事へ行かなければならないのかなと思ってしまいますし、相手へのお返しも考えなければなりません。

これでは男性本位のプレゼントになってしまい、せっかくの贈り物でも女性は素直に喜べないのです。金額は5000円くらいまでにとどめ、高価なものを贈るのは避けましょう。

自分が喜んで欲しいと思うなら、女性のキモチを考えて選びましょう。また下心を持って贈ることはしないようにすべきです。それがあなたへの印象を左右するのですよ。



Copyright© 貰うもの、贈るもの、意外に難しいプレゼント All Rights Reserved.