いちばん大切な誕生日に贈りたいプレゼント

誕生日プレゼントは、誰にとっても特別なものです。1年1日しかないのですから、とっておきのものを贈りたいもの。ですが長年生活をともにしている夫婦や付き合いの長いカップルになると、贈るものが段々となくなってきて悩むことも多いでしょう。長い付き合いのパートナーにも、必ず喜んでもらえるプレゼントはないのでしょうか。

もはやマンネリ?付き合いの長い彼女に贈るには?

最初は付き合いが長い彼女に向けたプレゼント。クリスマス、付き合った記念日やホワイトデーなど毎年イベントでプレゼントを贈っていると一通りのものをあげてしまっていることも多いはずですね。毎年同じものだとマンネリですし、変わり種をプレゼントして失敗するのも心配です。

しかしそうはいってもアクセサリーや財布、腕時計といった定番のプレゼントは贈ってしまっているのでチョイスが難しいところ。そんなときは家電の分野に注目してみましょう。家電というとプレゼントとしては少々色気がないと思われがちですが、実用的なものとして女性に喜ばれやすいです。さらにほしいけど自分でお金を出して買うほどでもないといったものが家電のなかにはとても多く、そうしたものをうまくプレゼントしてあげるととても喜んでくれるでしょう。

ハズしにくいものといえばやはり美顔器などの美容機器。パナソニックのナノケアスチーマーは、若い女性にとても人気の品。肌の乾燥を防いでくれるだけでなく、メイク前の保湿や就寝時の加湿器代わりにと万能です。ほかにもリファシリーズの美顔ローラー。美顔ローラーながら1つ数万円するため、欲しいとは思いつつ、なかなか手が出せない女性が多いよう。また超音波を発して毛穴の汚れを一掃してくれる美顔器も大人気。スキンケアに興味がない女性の方が珍しいくらいなので、まずハズさないプレゼントといえるでしょう。

ほかにも家電でいうと空気清浄機や加湿器、ルンバなどのロボット型掃除機や超音波のアロマディフューザーも喜ばれやすいですね。ただなかにはすでに購入済みの場合もありますので、事前にチェックは忘れずに。

プレゼントナシが大半?妻に贈る誕生日プレゼント

次は生活をともにする妻への誕生日プレゼントです。しかし実のところ、夫婦になってしまうと誕生日や結婚記念日に改まってプレゼントを贈るという男性は多くはありません。むしろ少ない方で、妻の方も家計から出費するということでとくに必要ないと感じることが多いよう。とくに子どもがいる家庭の場合はプレゼントは子どものみ、夫婦の誕生日はケーキだけといったケースが大半のようですね。

しかしそうしてお互いに気を遣わなくなってしまうことは、ときに夫婦の間に思わぬ亀裂を生むきっかけにもなってしまいます。逆に毎年ちょっとしたものでもプレゼントを贈り、お祝いをしている夫婦は何年たっても仲睦まじいことが多いです。そのため、ぜひ今年からでも妻の誕生日にプレゼントを贈ってみましょう。照れながらもきっと喜んでくれるはずです。

そうはいってもいったい何を贈ればいいのか。できるだけ家計に響かせたくないのであれば、自分の小遣いの範囲で購入できるものにしましょう。花束や高級スイーツのような、数千円のものでもうまくハマれば喜んでくれるはずです。夫婦間でプレゼントを贈る場合は、基本的に家計に影響のない範囲にすることを忘れないようにしてください。喜んでくれるはずとハイブランド品をプレゼントしたものの「こんなものに無駄遣いして」と妻の逆鱗にふれることもあるのです。それではせっかくの気持ちも踏みにじられたように感じてしまいますね。高価なものを贈るなら、小遣いから貯金したり結婚前の貯金を使うなり家計に影響を与えないようにしましょう。

また花束やスイーツではちょっと物足りないと感じるなら、エステの招待券や美容院でのヘッドスパコースなど自分磨きができるものを贈ってみましょう。子どもがいたりすると、どうしても小まめに美容院やエステに通うことは難しくなります。休日に子どもを見てあげて、とことん贅沢してもらってはいかがでしょう。気分的にもリフレッシュできますし、女心がわかっていると夫の株も急上昇するはずです。

長年一緒にいると、どうしてもお互いに気遣いがなくなってしまうのは仕方のないことです。お互いに満足しているなら、とくにイベントにこだわらないというのもアリでしょう。ですが口には出さないものの、本当は誕生日を祝ってほしい、何でもいいからプレゼントをもらいたいと感じている女性は多いです。彼氏として、夫としての株をあげるためにもぜひプレゼントを贈ってあげてください。



Copyright© 貰うもの、贈るもの、意外に難しいプレゼント All Rights Reserved.