大人の女性に贈りたい「お酒」のプレゼント

年齢を重ね、様々なものを食してきたアラフィフの女性は舌が肥えて、若いころには飲めなかった「お酒」の味も分かるようになってきます。そんな大人の女性へ「お酒」のプレゼントはいかがでしょうか?飲み友達の女性へ、長年連れ添った大切な妻へ、最近できた可愛い彼女へ。「お酒」は種類を選べば様々な状況に対応することができます。

シチュエーションに合わせた「お酒」のプレゼント

さて、お酒といえども数多くの種類があります。どのような時にどのような種類のお酒を贈るのが最適なのでしょうか?

まずは、飲み友達の場合です。気心も知れ、相手のお酒の好みなども普段から一緒に飲んでいれば、その傾向はよくご存じかと思います。お友達ならば特別な演出などはあまり深く考えないで気軽に贈れるので、アルコールの種類は好みのお酒をチョイスしてあげれば良いでしょう。

次に、長年連れ添った妻へのプレゼントの場合です。よく誕生日の年のワインをプレゼントしたりすることがありますが、夫婦ですから結婚記念日として結婚した年のワインを贈ってあげるのも良いかもしれません。連れ添った年数のぶん熟成したワインを2人でしっとりとたしなむなんてロマンティックではありませんか。もしかしたら良い雰囲気になって夜の時間が訪れたりするかもしれません。

最後に、彼女へ贈る場合です。比較的付き合いが短いことを想定してのおすすめになります。夜のディナーなどに行かない限り、まだまだお酒の好みの傾向なども分かりませんから、思い切ってアルコールを含む夜の食事に誘って、好みのお酒を聞き、帰り際などに一緒に買い物に行ってプレゼントしてあげましょう。付き合いがまだ浅い場合、あまり高価なものでないほうが効果的です。

アルコールに弱い女性には「果実酒」がおすすめ

果実酒は、食前酒としてコース料理の最初に提供されたりする比較的アルコール度数の低い軽めのお酒です。お酒の飲めない人でもあっさりとした飲み口で意外とグイグイいけたりします。また、ビタミンCが豊富なグレープフルーツやイチゴ、ブルーベリーなどは美容効果もありますので、プレゼントする際に、軽めのお酒であることと、美容効果があることを伝えてあげれば、ちょっとだけでも飲んでみようかな?と思えるので、お酒は弱いから苦手…なんて女性へのプレゼントテクニックとしておすすめです。

ワンランク上のプレゼント術

単に「お酒」をラッピングしてあげるのも良いですが、ここでプラスアルファとして、そのお酒の種類にマッチしたグラスをセットにして贈ってみましょう。飲むときの演出まで考えてあげるのです。特にワインなどはグラスの形状によって香りや風味も断然違ってきます。あまり詳しくないという方はワイナリーなどで、購入するワインを決める際に一緒に相談してみると良いでしょう。また、その他のお酒でも、バカラなどの高級なものでなくても、贈る相手をイメージしたおしゃれなグラスをお酒に添えてプレゼントしてあげれば喜んでもらえるものです。

いかがでしたでしょうか?「お酒」のプレゼントの方法にも様々な演出の仕方があります。相手の好みを考えて、最適な贈り物となりますことを祈ります。



Copyright© 貰うもの、贈るもの、意外に難しいプレゼント All Rights Reserved.