花言葉を意識してみよう

女性に花束をプレゼントする際、花言葉に合わせた束を作ってみてはいかがでしょうか? 恋愛対象の女性には「愛」を連想する花や、家族には「幸福」など、相手に合わせた花選びをしてみましょう。

花言葉にはどんな種類があるのだろう?

花にはそれぞれ花言葉があり、明るい言葉から暗い言葉まで様々な種類があります。プレゼントは相手に喜んでもらいたいという気持ちが大事なので、基本的には明るい言葉を連想させる花を選ぶようにしましょう。

例えば、スイートピーには「門出」などの意味があります。これから新しいことに挑戦するという人、具体的には新社会人や学生にピッタリの花ではないでしょうか。

また、ピットスポルムという花にも「飛躍」という花言葉があります。今に満足せず、もっと先に進んでもらいたいという願いのメッセージになるはずです。

恋愛系に関してですが、定番のバラには「愛」という言葉が、赤いカーネーションには「熱烈な愛」という言葉があります。同じ「愛」ですが、花の種類によってニュアンスが変わってくるのです。

こういった言葉遊びを加えるだけでも、その意味に気付いた相手は喜ぶこと間違いありません。

ミニブーケをプレゼントしよう

女性に大きな花束をプレゼントする際、付き合っていない人にはドン引きされることも。大きな花束だと「何か気が重い」と感じる方が少なくないようです。

ですので、ミニブーケをプレゼントしてみてはいかがでしょうか?これならもらう側も軽い気持ちで受け取ることができますよね。

ブーケは小さいので持ち運びができる上、花瓶がいらないというメリットもあります。そのまま部屋に飾ることもできますから、花束をもらうよりずっと楽です。コンパクトなの狭い部屋でもちょっとした場所に置けるのも良いです。

ミニブーケの花も、花言葉を意識するようにしましょう。友達以上恋人未満の女性には、「私の想いを受け止めて」という花言葉のハナミズキが良いかもしれませんね。

ミニブーケなら花屋さんに行けばすぐに用意してもらえる上、花を指定すればオリジナルのブーケも作ってくれます。どんなブーケを用意すれば良いのかわからない方は、店員に聞いた方が早いかもしれません。

花言葉は数え始めたらキリが無い程の種類があります。本やインターネットで調べればわかるので、プレゼント用の花を買う前に調べておくことをオススメします。一種の遊び心ではありますが、相手にちょっとしたメッセージを伝えたい時に有効です。



Copyright© 貰うもの、贈るもの、意外に難しいプレゼント All Rights Reserved.