小さい花束でも女性は嬉しい

女性へのプレゼントといえば花束です。いざ花束をプレゼントするとなった場合、気をつければならないのが花束のサイズです。花束は大きい物より、小さな物の方が喜ばれます。1000円もあれば小さくても立派な花束を作ることができるのです。

小さくても花束。大きければ良いという訳ではありません。

男性は「花束」と聞くと100本の薔薇のような大きな物を想像する方が多いと思います。ですが、実際に100本の薔薇をもらった方は困ってしまいます。そもそもそんな大きなサイズの花束をどうやって持ち帰るのでしょうか?

持ちかえったところで飾るスペースが無いかもしれません。それだけ立派な花束をもらえたら誰もが感動するでしょう。しかし、もらった後が大変なのです。

ドラマに出てくるような薔薇の花束を実際にもらった方の話によると、親族や身内に全て配ったとのこと。気持ちは本当に嬉しいけれど、一人暮らしなので飾る場所が無かったそうです。

これでは相手を困らせるだけですよね。なので、一人でも持って帰れる上、狭い部屋にも合う小さな花束をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?本数が少ないので管理するのも簡単だからです。

男性としては大きな花束で思いっきり喜んでもらいたいところですが、ここはグッと堪えましょう。大切なのは花束の大きさではなく、相手に心から喜んでもらいたいという気持ちです。

予算は1000円程度でOK!花束は小さくても美しい。

男性はあまり花屋さんに行かないでしょうが、花束は決して安いものではありません。ましてやプレゼント用の大きな花束となると、それ相応の値段がします。

いくら相手に喜ばれたいといっても、無理をして大きい花束を買う必要はありません。小さい花束なら1000円から作ることができるので、お財布に優しいのも魅力です。

小さくても花束は花束。大きな花束にはインパクトで負けてしまいますが、色鮮やかでとても美しいものです。複数の種類が入っている花束より、1つか2つの花をシンプルにまとめた花束の方が見栄えが良く、喜ばれることでしょう。

どの花を選んで良いのかわからない場合は、店員さんに相談するのが良いです。予算を元に、相手にぴったりの花束を用意してくれるでしょう。

大切なことは、相手のことを第一に考えるということ。高価な物なら喜ばれるという訳ではありません。花束をもらって嫌な気持ちになる女性はいませんから、積極的にプレゼントしてみてはいかがでしょうか?



Copyright© 貰うもの、贈るもの、意外に難しいプレゼント All Rights Reserved.