本命プレゼントに花束を添えよう

花束をもらって嫌な気分になる女性はいません。花束だけでも喜ばれるでしょうが、本命プレゼントに花束を添えた方が喜ばれることが多いようです。美しい花束をセットにしたプレゼントを渡せば、好感度アップ間違いありません。

添える花束はシンプルな物を選ぼう

女性は花を見るだけで自然と笑顔になるものです。花束は定番中の定番、女性なら誰もが喜ぶプレゼントです。ですが、最近では花束だけをプレゼントする人は減っているそうです。

理由は、女性の花離れです。見る分には良いのですが、自分の部屋に飾りたいという方が減少傾向にあるようです。確かに、もらうのは本当に嬉しいですが、管理するのはちょっと大変ですよね。

なので、本命のプレゼント+花束というセットの方が喜ばれるのです。添える花束はコンパクトな物で大丈夫ですし、あくまで本命の引き立て役なので安価の花束でもOKです。

逆に花束だけが目立ってしまうと、プレゼントが霞んでしまうので注意しましょう。これでは花束が主役になってしまいます。

例えば、ネックレスを女性にプレゼントするとしましょう。小さいネックレスの小箱に、白を基調とした花束を添えれば、それだけでも「プレゼント感」が出ます。ネックレスを「買ってあげる」のではなく、「プレゼントする」という雰囲気が強く出るのです。

さらに、花束にメッセージカードを添えるのもアリです。「いつもありがとう」、「愛してるよ」など、恥ずかしくて口には出せないことを、さりげなく文章で伝えるのも良いですね。

一輪の花を添えるだけでも雰囲気が出る

花束を渡すのが恥ずかしいという男性は、一輪の花を添えてみてはいかがでしょうか?相手が本命の女性ならバラを添えるだけでも、もらった相手の反応は全然違います。

本当にちょっとしたことではありますが、花を添えた方が「できる男」に見られます。それが相手に少しでも喜んでもらいたいという心遣いにもなっている訳です。

花はもちろん花屋で買うのですが、一人で行くのが恥ずかしいという男性も少なくありません。そういった方は、花の通販を利用するのも手です。一輪からでも注文できますし、生花でも美しい状態で届けてくれます。

プレゼントに花を添えることが「キザ」と思っている男性も多いですが、実際はそんなことありません。もらう側の女性からしたら、本当に自分を想ってくれている、と感じるはずです。こういった小さな気配りができる人が、周りから一目置かれるのではないでしょうか。



Copyright© 貰うもの、贈るもの、意外に難しいプレゼント All Rights Reserved.