趣味のプレゼントで相互理解を

プレゼントとして趣味の品を交換する、というのも素敵です。相手のことをより深く知るきっかけにもなるでしょう。洋服、小物、あるいは文化的なアイテム…なんでも構いません。あなたが愛してやまないものを、1つ、布教するようなつもりで贈ってみませんか?

読書好きの彼氏から貰ったプレゼントに胸を打たれた、という女性の体験談を紹介します。

無口の彼が、わかった気がする

「今年で交際3年目になる私の彼氏は、とてもクールな人です。あまり感情を表に出すことがなくて、いつもミステリアスな雰囲気を漂わせています。友達からは、『あんな人と付き合っていて楽しいの?』と言われるのですが、私は『楽しさ』だけが異性と付き合う意味ではないと思います。
それでも、ときどき彼が何を考えているのか理解できなくて、不安になることもありました。『好き』とか、そういう言葉を言って欲しいわけではありません。ただ、もう少しだけ心を開いてほしいというか…。簡単に言えば、少し寂しかったのかもしれません。
そんなある日、仕事で大ポカをしてしまいました。私のせいで何人もが連日の残業を強いられて、取引先にも大迷惑をかけたんです。もう死んでしまいたい気持ちでしたが、手伝ってくれる仲間の前で泣き言を言うわけにはいきません。
でも、1人で抱えるのはあまりに辛くて、ついに彼に泣きついてしまいました。
そんな私を、彼は優しく抱きしめて、10分くらい頭を撫でてくれた後、ある1冊の本をプレゼントしてくれたんです。
その本の名前を、私はここでは明かしません。自分だけの思い出にしておきたいんです(笑)人生は元気に生きることが大切だ、というメッセージが込められた小説でした。読み終えた後、自然と、私の中には、『頑張ろう』という前向きな気持ちが戻っていました。
それに、無口でクールな彼のことが、少しだけわかった気がします。愛情なんて、表面的な形に出さずとも、ただパートナーと一緒に時間を過ごしていれば、伝わるものなんですよね。これまで以上に彼のことが好きになったプレゼントでした。(28歳 OL)」

趣味にはその人の生き方、そして価値観が反映されます。あなたにも惜しみなく愛情を注ぐ趣味があるはず。その趣味に関わるものを贈れば、相互理解にも繋がるかもしれませんよ。



Copyright© 貰うもの、贈るもの、意外に難しいプレゼント All Rights Reserved.