絶対に「損」にはならないプレゼント

プレゼントは、必ず「損」になることはありません。じっくりと時間をかけ、心を込めて選んだものを渡せば、相手も必ずあなたにいくつもの「お返し」をくれるはずです。損得勘定を排して、誠実な態度で選びましょう。

プレゼントは、決して「贈りっぱなし」にはなりません。見返りを求めるのは虚しいことでもありますが、必ず、贈った方にもあらゆる意味での「利益」が返ってきます。「お金もないのに…」とケチケチせず、潔く何かを贈れば、「損」になることはありません。

物質的な意味でのお返し

もし、恋人の誕生日に何かプレゼントを贈れば、相手もきっとあなたの誕生日にプレゼントを贈ってくれます。決して彼女へのプレゼントが「無償の奉仕」になることはありません。大人の女性ならば、「これには大体○○円ほどかかっているだろうな」とお金のこともきちんと考えて、等価の品を返してくれるでしょう。

その場でのお返し、継続的なお返し

上手にプレゼントを選び、相手を喜ばせることができれば、きっと「ありがとう」という言葉と、スマイルが貰えます。その2つも、ある意味ではリターンと言えるでしょう。プレゼントを探すために費やした時間、お金を上回る「価値」を感じられるはずです。

また、プレゼントは相手に「信頼感」も与えます。2人の間の絆が強くなり、あなたが困っているとき、悩んでいるとき、きっと彼/彼女は力になってくれるでしょう。プレゼントを贈れば、メンタル的にも、継続的なリターンを得ることに繋がるわけです。

損得勘定はやめて

プレゼントを贈るときには、「どうせすぐに別れるのに」「こんなに金を使うほどの奴だろうか」などの損得を考えてはいけません。「アレよりも、コレを渡した方があの人も喜ぶだろう」「黒よりも、茶色の方が彼に似合いそうだな」という、一種の「遊び」の感覚でプレゼントを選んだ方が楽しいに決まっています。誕生日、クリスマス、交際記念日などの贈り物のセレクトは、1つの「レクリエーションタイム」である、と心得ておきましょう。

彼/彼女があなたにとって本当に大切な人であれば、相手の「喜び」「驚き」「幸せ」のために、じっくりと時間をかけてプレゼント選びができるはず。誠実に選び抜いたプレゼントには、必ず「気持ち」がこもります。感謝や愛情を伝えられるのは、言葉だけではありません。プレゼントにのせて、大切な人にあなたの思いも届けてしまいましょう。



Copyright© 貰うもの、贈るもの、意外に難しいプレゼント All Rights Reserved.