自分好みの下着を彼女にプレゼントする方法

彼女のことが好きだけど、下着がイマイチ…そのようなときは、思い切って下着をプレゼントにしてみてはいかがでしょうか。はじめは戸惑う彼女も、好きな人が贈ってくれたものなら…と、喜んでつけることでしょう。

一緒に買いに行こう

下着にもいろいろ種類があります。デザインだけでなく、ショーツの形や素材、ブラジャーの機能など、あげればキリがありません。彼の好みと彼女が求めるデザインや機能がマッチしたものを選ぶなら、一緒に買いに行くのが一番です。

男性は人目が気になるかもしれませんが、本人が思うほどまわりは気にしていません。恋人同士であれば、一緒に選んでも不思議な光景ではないのです。あれこれ手に取って選ぶのもなかなか楽しいものですよ。

誘うタイミングはベッドインの後…「○ってこんな色の下着が似合うと思うな。きっとかわいいよ。あ、そうだ。買いに行こう。プレゼントするよ」と自然に誘い出せば、彼女も不思議がらずにすむでしょう。贈り物をしてもらえるなら、誰でもイヤな顔はしませんよ。

もし自分の好みの下着を見つけたら「これきっと似合うと思うよ、どうかな?」と助言すればOKです。大好きな彼好みの女になりたいと女性は思っているので、はずかしがったり、はっきりしない態度をとっても、きっと身につけてくれるでしょう。

自分で選びたいならネット通販で

もしサプライズとして下着をプレゼントしたいなら、ネット通販がおすすめです。やはり男性ひとりで下着のショップへは入りづらいものです。その点通販を利用すれば、顔を見られることなく購入できます。

ただ注意したいのがブラジャーを買うときです。サイズや機能が色々あるので、彼女のほしいものでなければ、使ってもらえない可能性が高くなります。前もってさりげなくバストのサイズと、ボリュームアップタイプやすっきりタイプなどどのような機能のものが好みかを聞きだしておきましょう。

もし聞きだせない場合は、彼女の体型で大まかに見分けられます。谷間のできる機能を兼ね備えたボリュームアップタイプは、スリム体型の女性に好まれます。すっきりタイプは、ぽっちゃり体型に好まれます。自分のコンプレックスをカバーしたいと女性は思っているので、参考に見分けるといいでしょう。

どうしてもわからないときは、メールでスタッフに相談できるお店もあります。「彼女にプレゼントしたいのですが…」と言えば、ニーズにあったものを紹介してくれますよ。

ベッドインするときに気をつけること

次回のベッドインのとき、彼女はドキドキしながらプレゼントした下着を身につけてくるでしょう。彼の反応が気になることは、間違いありません。万が一、男性の下半身に元気がなかったら、「下着、似合わなかったのかな」「そんなに魅力ないのかな」と誤解を招きかねません。

それを予測して、自信のない男性はバイアグラを準備しておくといいでしょう。ED専門のクリニックを受診すれば、処方してもらえます。偽物を扱っている場合の多い個人輸入業者などを利用せず、クリニックを受診してから処方してもらいましょう。

またEDも個々に症状が違うので、合わせて処方してもらうのが正しい方法です。バイアグラ、レビトラ、シリアスの三種類があるので、その都度自分の症状を医師に相談し、適切に処方してもらいましょう。

万全な態勢をとれば、彼女を傷つけずにすみます。せっかくのプレゼントを台無しにしないよう、楽しいスキンシップをとりましょう。



Copyright© 貰うもの、贈るもの、意外に難しいプレゼント All Rights Reserved.