本命の彼女へのはじめてのプレゼントはやっぱり指輪

本命の彼女への、はじめてのプレゼントは指輪を選ぶのがおすすめです。その理由はほしがる可能性が高いからです。なぜほしいのかと聞くと「いつも身につけていられていられるから」という回答が…。でも実はそれだけではないのですよ。

指輪は独女のステータス

指輪は独身女性たちにとって「彼氏います」というサインのようなものです。その由来は結婚指輪や婚約指輪だと考えられます。つけることで大切な人がいて幸せなことをアピールできるからでしょう。女性の間では一般的に、薬指の指輪=彼氏の定義が成り立っているのです。

また指輪をプレゼントされると、彼にとって自分は特別な存在だと認識します。男性が意味なく指輪を贈るとは考えにくいですし、遊び相手に贈り物をしないことを知っているのです。このことから相手にとって自分は本命だと確信するのでしょう。

同じ身につけるものでもネックレスやピアスではなく、指輪をほしがるのはこのような理由があります。男性にとっても彼女の男除けになるので、贈って損はありません。そのようなことからプレゼントするのは、双方にとって喜ばしいことではないのでしょうか。

現実とロマンが指輪のプレゼントに詰まっている

女性は現実主義でありながら、ロマンチストな面も持ち合わせています。大好きな彼氏からもらう指輪にはこのふたつが詰まっているので、プレゼントされるととても喜びます。

指輪はいつも身につけられるので、常に相手を感じられます。またアクセサリーは自分を飾ることもできる、実用的なアイテムです。役に立たないものはいらないけど、役立つものはほしいという、現実主義の女性のこころを満たすプレゼントと言えるでしょう。

また「指輪=彼氏」の定義のもと、つけているだけで幸せな余韻に浸れます。特別な人からもらったキラリと光る指輪は、女性のあこがれ…どんなものよりも輝いて見える特別な贈り物です。ロマンチストな女性のこころを満たせる、唯一のものと言えるでしょう。

本命の彼女への、指輪選びのポイント

まずは彼女の指サイズをチェックしましょう。プレゼントしたけどサイズが合わなかったということがないように、前もってさりげなくサイズを聞きだしておきます。またデザインはなるべくシンプルなものを選ぶのがおすすめです。どんなファッションでも合い、好みに左右されることがないので、失敗が少なくなります。

またサイズやデザインの好みが彼女と合わなかったらイヤだ…と不安を感じるなら、一緒に買いに行くのもおすすめです。このとき「プレゼントに指輪を買いたいけど受け取ってくれる?一緒に選ぼうよ」と積極的な姿勢を見せると、きっと彼女も喜ぶはずですよ。最高の贈り物になるでしょう。

世の女性たちが大好きな彼から指輪を欲しがるのは、このような理由があるのです。指輪に対する情熱的な気持ちを抱いていることを知って、驚いた方もいるでしょう(笑)でも相思相愛の彼女へのはじめての贈り物には、最適ではないのでしょうか。



Copyright© 貰うもの、贈るもの、意外に難しいプレゼント All Rights Reserved.