女性が思うプレゼントの値段と男性のキモチの比率

「プレゼントは値段じゃないよ、キモチが大切だよ」と女性は言いますが、本当にそう思っているのでしょうか。そう言っていても実は腹の奥で、いろいろなことを感じているのです(笑)結論を言うと、男性は好きな相手になら高価なものをあげられると思っているのです。

女性が知っている男性のプレゼントに対するキモチ

女性は「好きな人からもらったものなら何でもうれしい」という人が多いです。でもそれは本当です。自分のことを思ってプレゼントしてくれるのですから、たとえ値段が安くてもうれしいのです。

それとは反対に、「好きな女性が望むものは高価なものでもプレゼントしたい」と、男性が思っていることを知っています。言い替えるなら、好きな子の願いをかなえてあげたいと思っているのですよね。

逆に好きでなければどんなにチープなプレゼントでもしようとは思わないことも知っています。男性はホワイトデーのお返しでない限り、好きでもない相手に贈り物をしません。だからたとえ安くても好きな人からもらえるものは、女性にとってうれしいものなのです。

プレゼントの値段と男性のキモチは比例する!

男性がムダなことをしないのを知っているので、たとえ値段が安くても好きな人からの贈り物を、女性は喜びます。それが高価なものになれば、本当に自分のことが好きなのだなと確信します。

安い贈り物でさえ面倒くさがる男性が高価なものを贈ってくれたら、本当に好きでいてくれているのだと感じます。

また好きな相手に対して男性はある程度のムリはできるだろうと、思っている女性もいます。恐ろしいですよね(苦笑)貢がせるためではなく、キモチを確認するために高価なものをおねだりするアマノジャクな女性もいるのですよ。女はコワいのです(笑)

いずれにしても値段の高いプレゼントで、女性は男性のキモチを自然と確かめているものなのです。これを踏まえると贈り物の値段と男性の「好き」は比例すると言えるでしょう。

では高価なプレゼントをしなくちゃいけない?

女性に高価なプレゼントばかりをしていては、金欠になってしまいます。またヒモにもなりかねません。日頃のあげるものはプチプラで十分です。もし値段の張るものをあげるなら、誕生日などの特別なときでいいでしょう。また金銭的なゆとりがあり、男性がしてあげたいと思ったときでいいのです。本来プレゼントはねだるものではなく、贈るものです。

もし女性を喜ばせたいとしたら高価でなくても、ほしがるものをあげればいいでしょう。もし手に届かないものだったら、ムリにプレゼントする必要もありません。いいなりになってはヒモになりかねないので、自分でできる範囲の贈り物をしましょう。

気をつけたいのは男性の収入に見合わないような、すごく高価なものをおねだりする女性です。現実的にムリがあることを知っていて、自分の欲を満たそうとする行為は、本命の彼女がすることではありません。関係を見直す必要があるのかもしれませんね。

女性はプレゼントの値段と男性のキモチが比例することを知っています。でも男性の財布事情もあります。ですので自分ができる範囲でニーズに応えてあげのが、最良の方法でしょう。



Copyright© 貰うもの、贈るもの、意外に難しいプレゼント All Rights Reserved.